アメリカの医療保険事情

日本の社会保険のシステムを最近知った。アメリカでも同じようなものなのだけど、幾つか違う点がある。一番大きな違いはアメリカでは健康保険は企業・個人が自己調達するということだ。この辺アメリカで会社勤めすると健康保険・医療費がどれぐらいになるかちょっと記しておこう。データは自分の給料からではなくて検索したものなのであしからず。

アメリカで一家族の医療保険料は月平均1000-1600ドルぐらいとされる。企業が一部負担するので個人負担は平均するとこの半額ぐらいになる。

ピンキリなのはいろいろ理由がある。アメリカの医療保険は営利目的なので年齢や居住地域などのリスクに応じて上下する。例えば40代後半の人は30歳の人の1.5から2倍近い保険料を払う場合が多い。

企業によっては保険料を全額負担してくれたりする。教育機関もそういうところが多い。自営業はもちろん自分で保険を買って保険料を全額自己負担する。どちらも比較的少数なのでここでは大多数の会社勤めの人に限る事にする。

アメリカの医療保険は個人負担額を選べる。自己負担が40%のブロンズプランは一番保険料が安い。最高級のプラチナプランは自己負担が10%で済むがもちろん保険料も高くなる。この保険料以外の医療費の自己負担額だがアメリカでは医療保険を使っても年平均20−30万円の医療費を払っているとされる。

ちなみに医療保険には歯科は含まれない。歯科保険というのがあるが一定額まで治療費が割安になる程度のものだ。

合計すると健康なそこそこの年齢の会社勤めの人とその家族が年間通じてちょっと医者にかかって歯もちょっと治して、とふつうにしてるだけで保険料+医療費が年間100-150万円かかる。

これはあくまでも健康な人の話で、病気になったりしたら出費は数倍どころか数十倍に跳ね上がる。高額医療費に加えてアメリカの保険会社は大手でも難くせつけて支払いを拒む場合が多いからだ。入院したり手術となると驚くほど高額な出費になる。

高い保険料払ってるのに医療費の心配もしなければならないのがアメリカ人のつらいところだ。さらに医療保険料はリスクつまり年齢に連動している。収入にかかわらず同じ年齢なら同じ保険料を払うのだ。だから歳を取るにつれ収入が低い人の保険料負担が相対的に重くなってくる。

アメリカでは65歳以上は高齢者医療保険があるのでそこまでたどり着けば医療が保障される。だがその手前の年齢層の年収は全米平均で5万ドルぐらいしか無い。この年齢層は下手をすると収入の3割以上が保険料と医療費に消えていることになる。

こと医療となるとアメリカは壮年層の人達にとても無慈悲だ。そう思うと健康でいれるのが一番だとつくづく思う。

缶詰のみかん

Leave a Reply

Your email address will not be published.