エクセルでマクロ書いたら怒られるべき理由

エクセルでマクロを書いて効率化したら怒られたって話が出回ってる。

実はアメリカでもローテク分野はエクセルで溢れている。今の会社がそうだった。自分は会社を言うところのIT化するためにヘッドハントされたのだが、入ってみたら会社中手作りエクセルに蝕まれていて頭を抱えた。

例えば毎週百万行あるCSVを取り込んで一部の人間だけが知ってるマイルールで手作業で集計し、その結果をまた小分けして何十人の担当者達に送っていた。全部手作業でとんでも無い労力を使っていて、やらされる人たちが嫌がって辞めてしまう。これを自動化できないか、みたいな話がすぐ出てきた。

データの集計だけをみれば自動化するのはできそうだったし、他にも似たようなエクセルのレポートが幾つもメールで飛び交っていたから自動化する価値はありそうだ。

そこで自分は担当者達がこのデータをどう使っているか知りたくて聞いてみることにした。

するとかえってきた返事は「あーあれね、あんまり使ってないわ」「一部は見るけどさ全部はちょっとね」とかばかり。その他多数のエクセル添付メールにいたっては「見る暇無い」とか「一応とってあるよ」とエクセル作ってる人たちが聞いたら泣き出しそうな返事ばかりだった。

なのでエクセルをただ自動化するのはやめになった。そして「なぜ必要なのか」「何を知りたいのか」を解明しデータをもっとピンポイントで可視化する方針で攻める事にした。

これでかなりの結果は出せたんだが、まぁ当然いろいろありましたよ。これはこれでまた別の機会にでも。

で、何が言いたいかと言うと「なぜか」を聞かずにそのまま自動化しようとする人がいたら、怒られるべきなのだ。それを掘り下げない上の人たちが。

マクロで出来てしまうことならデータベースに入るようにしてリアルタイムで集計できないのか。他にも同じようにちまちまと手作業で作ってるデータも一緒にやっつけれないのか。

それよりそもそもそのデータの必要性ってなんなのよ。

誰かがマクロを書いてたらまずそう聞くべきだと思う。

プログラマーと市場価値

アメリカでプログラマーやってれば転職は当たり前なのだが、転職するにあたって一番気になるのは給料だろう。アメリカの場合給料は職種・地域によって幅があり、経験・スキルに応じて雇用側がオファーしてくるのが普通だ。

納得できる金額だったら受ければ良いし、納得できなければ断ればいい。断ってからさらにネゴシエーションする事もある。まぁ普通はそれっきりだけど。

アメリカにはいろいろな給与情報サイトみたいなのができていて、この会社のこれぐらいの職名ならこれぐらいの給料、というのがだいたいわかる。それで自分の納得できる額はだいたい決まると思う。

でもそれは雇われる側の思惑だ。雇う側が価値を認めなければその額を払ってくれない。というか雇っても貰えない。プログラマーにしろプロダクトマネージャーにしろ雇用とはスキルを売る事だから持っているスキルで給料が決まる。だから転職は客観的に自分に欠けてる・足りてるスキルはなにかを知るには絶好の機会でもある。

そう考えて自分は若い頃、転職する気も無いのに仕事に応募して面接受けに行ってたりした。まぁキャリア積んで何回か転職したら自分の市場価値はわかってくるものだけど、転職経験があまりなかった当時、自分の市場価値を知るいい勉強になったと思う。

セクハラ

アメリカの企業はセクハラ訴訟の対象になりやすい。企業にはお金がある。セクハラした管理職だけでなく会社の責任も問えばよりお金になる。場合によっては億円単位の和解金になるから企業にとっては痛手だ。

カネで左右されるのはえげつないようだが、企業が無用な高額出費を避けたければ従業員にセクハラさせなければいい訳で、職場のセクハラを無くすには合理的なしくみだと思う。

それがあってアメリカの企業はふつうは従業員、特に高額補償につながる管理職のセクハラには厳しい。会社の監督努力を証明するために管理職がセクハラトレーニングを受けるのを義務付けたり細かいルールを設けているところも多い。

自分も複数の職場で女性と働いてきたが、容姿は一切褒めたりしない。年齢も既婚者なのかも相手が言ってくるまで一切こちらからから言及しない。シモネタなんか絶対に持ち出さない。

そうすると残っている話題は仕事しかない。だから仕事場の女性とはほとんど仕事の話しかしない。何年も一緒に働いていれば話題も増えるが、それは他の男性と同じだ。

まぁ会社には仕事しに行ってるんだからそれが本来の姿なんだけどね。