カラーネガスキャン

カラーネガを自家現像するようになってしばらくたつ。 ようやく露出と発色がなんとなく、それとなく思ったとおりになってきた。

でもまだ色がかたよることがある。

Jobo CPE-2 Plus で現像してるので攪拌と温度と時間管理はちゃんとしている。 と思う。 期限切れのフィルムを使ってるのもあるかもしれないが、同じ晴れの屋外で撮ったネガでコマごとで色かぶりがあったりする。

これはどうもスキャンが怪しいのではないかと思い出した。 カラーネガはNikon Coolscan 9000EDでとSilverfastを使っている。 このSilverfastで自動で色調整させた出力をLightRoomに取り入れるとホワイトバランスがころんでいる事があるのだ。

で、Silverfastから変な色ででてくるとLirghtRoom上でなおそうとしてもうまくいかないことが多い。 なのでSilverfast側では調整せずにLightroomかPhotoshop上でのみ手を加えた方が良いようだ。

まぁ、ほとんど手を加えなくてもいい写真が撮れれば良いんだろうけど。

後、Nikon 9000で120フィルムの3コマストリップをスキャンすると、コマがずれる事がある。 プレビューでは合っているのに。 毎回一コマずつプレビューして位置合わせしていると時間が掛かってかなわない。 これはSilverfastの会社に問い合わせてみよう。

Arista EDU 400
テレビ