ソフトウェア人材の将来

アメリカのソフトウェア人材に将来はあるのか。プログラマーでも需要があるのとそうでないのがある

ソフトウェアは組み合わせてできてしまうものという考えが主流になってオフショア開発が流行った。そんな業界にどんな可能性があるのだろうか。

組み合わせでできない世界

組み合わせではできない世界、というのがある。 例えば既存のライブラリーやツールが無い場合とか、必要なアルゴリズムを開発するとか、問題を解決するのに今までに無い工夫や仕組みが必要な場合だ。

プログラム書ければそういう事できるでしょうよ、と思うがそういうものにはいろいろ細かな問題点がたくさん出てくる。一つ一つ解決していかないとならないが、ググっても出てないことばかりなのだ。すると自分で一から問題を解かないと前に進まないという現実に直面してしまう。簡単ではない。

それが出来る人にはそれなりの値がつく。

また組み合わせに近いのだが、情報が無い、という世界もある。 ソフトウェア人材の需要にでてきたPL/SQLにしても検索して文法は出てきても他の処理に影響が小さいプロシージャの書き方とかノウハウなどはあまり出てこない。COBOLの仕事もそういったノウハウに替わるものを自分で作るなり迂回するなりしてネットで検索しても出てこない問題点を一つ一つ解決していった。これももともと経験値があったからできたので、誰にでもすぐできるとは思わない。

ググってもでてこないワザが使える人たちも市場原理で高い値がつくのは当然なのだ。

チャンスは幾らでも

「ネットで情報を拾う」イコール「自分の経験値や能力」と思いこんでしまっている人というのはけっこういる。 アメリカのプログラマーで、”I have the code to do that” と言い張るやつにやらせるとすぐいきづまって「想定してない問題が出てきた」とか言いだす。どっかで拾ってきた情報やコピペコードを理解もしていないのに自分の知的資産のように思いこむからだ。

メインストリームの組み合わせソフト産業そのものは別に悪いことではない。ただ過当競争になりやすく安いところに職を取られやすい世界なのだ。 オフショアとは品質が違うとかいうアメリカ人もいるけど、一定レベルをクリアしていれば品質の高低はあまり意味が無い。だれでもググればある程度はできるんだから同じような品質にしかならないわけだし。その先は底が見えない価格競争しかない。

組み合わせアプローチ、ググってコピペではオフショアの人たちにかなわない。だからそのレベルのプログラマーはアメリカでさらに淘汰されていくだろう。

だがそこにできる真空地帯にはチャンスはいくらでもある。 だからアメリカのソフトウェア人材の将来はけっこう明るいのではと思っている。 生き残れたらだけどね。

ソフトウェア人材の需要

アメリカでは最近、分野によってはソフトウェアの人材が払底してきている。仕事で大規模なオラクルDBを扱っている友達がPL/SQL人材を雇おうとしたら年俸1500万円とふっかけられたと嘆いていた。

レガシーは高いよ

自分も逆の立場で似たような経験がある。しばらく前、年代物のCOBOLソフトを解析して、違うOS・言語で同じ入出力のプログラムを書いてくれ、というプロジェクトが短期契約で来た。かなり高額な見積りを出したが、かまいませんすぐやってください、となった。

メインフレーム由来のCOBOLプログラムはPC上で走るやつでもEBCDICという知ってる人が少ないエンコーディングのファイルを読み書きする。さらにファイルのフォーマットはプログラムを読まないとわからない。フォーマットというのはレコードフォーマットだけでなく古いプログラムにありがちな、このフィールドの値で他のフィールドの意味が変わったり、とかまで含めてだ。

そのためにはCOBOL文法やフォーマットの定義がある程度わからないとならない。 でも今どきそういう経験がある人材は履歴書かき集めてもいない。 いや、自分も無かったけどさ。

組み合わせソフト開発と産業人口

ソフト開発にはおおまかに二通りあって、一つはすでにある物を組み合わせる仕事と、もうひとつは組み合わせではできない世界だ。

前者は主流のフレームワークや言語の知識があればできる。ある意味だれでもできる。極端な話、ネットさえあればググればできる。だから質の良い安価な労働市場のインドとかでどんどんできちゃう。

一昔前、オフショアが流行ってアメリカの企業はどんどん国内のプログラマーを整理した。ソフトウェア産業はもてはやされなくなりコンピューターサイエンスのキャリアを目指すアメリカ人の若者は激減した。

かたやオフショアが流行る前に現役プログラマーだった人たちはマネジメントに進んでプログラミングから離れていたり、引退して派手なアロハシャツと短パン姿でどっかで気楽に過ごしている。

自分は日本で働いたことは無く、今の状況もあまり知らない。だがアメリカではプログラマーの需給はかなりアンバランスで分野によって真空地帯があちこちにある状況だと思っている。

英語発音のRは大切か

英語を学ぶにあたって英語の発音は大切か。 いやもちろん大切だ。 でもなにがどう大切なのかわかってないとけっこうまわり道になると思う。

アールとエルは大切か

英語の発音勉強っていうとまず日本語に無いRとかFとかVとかだと思うでしょ。 日本語に全く無い発音だからそればかり注意が行く。

でも極端な話、RがLみたいな発音で、VがBみたいな発音だと英語って通じないの? と言われれば、実はかなり通じてしまう。

アメリカ、特に西海岸にはメキシカンとか、インドとか中近東とか華僑系ベトナムの人たちとかいっぱいいる。 そういう人たちはかなり訛りが強く、発音は英語からかけ離れてたりする。 極端な話、インド系訛りの強い人なんてLもR全部Rみたいな独特の巻き舌発音に聞こえるんだから。

でも彼らはふつうに大して不自由なく英語で生活している。どうしてだろう。そもそも英語が通じるかどうかにおいてはなにが大切なのか。

抑揚とリズムだけで半分以上通じる

例えばRもLもFもVも無い単語、Obamaを発音するとしよう。最初のOは短く、低い。そして真ん中のaを伸ばす。人によってはちょっと高めに発音する。最後のaはふつうの高さで終わる。 リズム符でいうと「タタータ」って感じで、音の高低は 低・高・中。

日本語風に最初のオを高く発音したり、日本語の単調な「たたた」ってリズムで発音したら、アメリカ人にはわからない。どんなに発音そのものがきれいでも、自分の国の大統領の名前がわからない。まぁ、なんか外国語言ってらっしゃるのね、って反応を示す。

時々アメリカ人でも外国人英語が通じやすい人というのが居るが、そういう人は外国に住んでたとか、日本人の彼女がいたとか、なんらかの理由で違う抑揚やリズムに慣れている。

逆にいえば外国人訛りでも相手が慣れている抑揚とリズムで喋ればけっこう通じてしまうものなのだ。

母音が10以上使えれればさらに通じる

日本語には母音が5つしかないが、英語には10以上ある。日本語のアとエの間の音とか、オウと発音する音とかいろいろあってそれぞれ別物なのだ。 慣れてくると言えるようになるのだけど、日本語脳で「5つの母音の一つ」にあてはめて聞いていると違いがわからないままで発音できない。 だから母音の違いを認識するようにして、10種類も聞き分けられるようになれば、言えるようにもなると思う。

だからアールなんか気にしなくていい

最初はRとLの違いとかにこだわらず、抑揚、リズム、母音だけ聞き取って真似ていれば良い。そこそこ真似られるようになれば、完璧でなくてもけっこう通じるようになる。

そしてそこまで来ると実はRとLの違いも意外と簡単に言えるようになってると思う。

 

ソックアイ(紅鮭)

アメリカでこの時期に6−7月にアラスカのブリストル湾でとれたソックアイ・サーモンが出まわりはじめる。

ソックアイは日本で紅鮭と呼ばれ、ブリストル湾のソックアイは日本でも出回ってるらしい。 Sockeyeという名前は実は英語ではなく、アメリカ・インディアンの紅鮭の呼び名が英語に取り入れられたそうだ。

産卵期に紅色になるから紅鮭なんだろうけど、身も紅色がのってとてもきれいだ。

で、週末に日系マーケットに行ったらさっそく旬もののソックアイの半身やシブイチが安く売っていたので買ってきた。最初は焼くつもりだったけど、カミさんがきれいに皮を取ってくれた身がきれいなので刺し身にした。

アメリカで出まわってるオレンジ色の身のサーモンはノルウェー産の養殖魚で、悪くはないが自分には脂がきつく感じる。 まぁマグロでも肉でも脂の多いのはあまり好きではないのだが。

天然物のソックアイはそこそこ脂がのっているものの、しっかりとした味で美味い。中落ちもちょっと焼いてつまんでみたがこれまた鮭の味がして美味しかった。 しっかり赤色がのった刺し身の写真撮りそこねてちょっと残念。

ついでにブリストル湾ってどんなとこだろうと地図で見てみた。湾というのにはあまりに巨大な海域でちょっと驚いてしまった。この湾の入り口は400キロもあって東京から盛岡ぐらいすっぽり入ってしまう。

北太平洋の紅鮭の生息範囲調査というのをみたら日本で少量とれる紅鮭もアメリカのソックアイもけっきょく同じ群れという事らしい。アメリカで生まれた鮭と日本で生まれた鮭が海で一緒に過ごして生まれた川へそれぞれ産卵しに回帰していくということか。

クラウドレンディング最初の一歩 (2)

そしてじっと待つ

クラウドレンディングで実際に融資をはじめるまでは比較的スムーズだったのだが、ここからが意外と長い。融資が実際に運用されるまで時間がかかるのだ。

キックスターターに参加した人なら知ってることだが、クラウドソーシングは小口のお金を募るのでまとまった額になるまで時間がかかる。 クラウドレンディングも同じで自分が融資するローンは小口の額を集めているので総額に達するまで待たないとならない。

自分たちが出す小口の融資はノートと呼ばれ、自分の場合、ノートを120ぐらい選んで融資したが、どのノートもローンが設定額に達して審査にはいるまで数日から2-3週かかった。審査そのものも数日はかかるようだ。

また借り主の希望するローン総額に達しても、その先で審査に落とされるノートがけっこうある。そうするとまたノートを選んで融資のプロセスをはじめないとならない。

これらは全部自動でやってくれるので手間はかからないが、時間がかかる。自分の場合はじめてから4週間経つが120ノートのうちまだ12が融資まで漕ぎついていない。運用額の10%が利子を産まない待ち状態なのだ。

ここから減らない

ここから減らない

返済キター

で、最初に発行されたノートの一回目の返済が数日前にあった。 自分がこのノートに融資したのは25ドルで、今月の返済は82セント。このうち元金返済は59セントで、利子収入はなんと …. 23セントだ。

日本円でたった10円玉2個分じゃんか。

なんて笑われそうだが、クラウドソーシングを甘く見てはいけない。120本のノート全部の返済が始まれば毎月この100倍以上の金額の儲けになる。それにこれは120もあるノートの36ヶ月分、延べ4320回もある少額返済のなかの一回なのだ。

実はそれでも大した額ではない。 このうらぶれたブログの広告収入よりちょっといいぐらい。だけど、他の投資運用に無い面白さがある。

利子収入なり

利子収入なり

とりあえず出発進行

こうやってとりあえずクラウドレンディングの融資・返済サイクルにのれた。やったことのない投資なので漠然とした不安感はあったし、株みたいに毎日笑ったり泣いたりしないが、まぁ、こんなもんだろうという感想だ。

始動まで意外と時間がかかった気がするが、これは自分がネット取引やオークションに慣れすぎているだけだと思う。融資というビジネスを考えたらあるていど時間をかけた審査が当然だ。

この先多数のノートが返済に入ると遅れとか焦げ付きとかあるだろうし、さらに知らないいろいろな展開があることが予想される。それはそれで面白そうだ。

人間模様

このクラウドレンディング、もう一つ面白い側面がある。借り手の個人情報を知ることはできないが、ローンを組む理由、資産対借入金の比率、職種、収入などお金を貸すために知っておくべき情報は知ることができる。 あくまでも個人を知ることはできないが、なんでこんな借金してるのか、どうしてこんな利子を付けられてるのか、などいろいろと人間模様が見えてくる。

そして借り手はもちろんみなアメリカ人なのでいろんなアメリカが垣間に見える。クラウドレンディングはアメリカをそして人間を知ると言う意味でもかなり面白いソースだ。

ということで次はまた一ヶ月後ぐらいに報告の予定。

クラウドレンディング最初の一歩 (1)

以前クラウドソーシングの原理で個人投資家が個人へ融資する、アメリカの新らしい投資システム、クラウドレンディングの事を書いた。実際に自分でヘソクリを投資してみた結果、ついに最初の返済が入金してきたので一連の流れを書いてみる。

クラウドレンディングサイト

lendingclub.comのトップページ

lendingclub.com

まず運用するクラウドレンディングサイトを選んだ。大手は二つぐらいあるが、実際に運用している知り合いにいろいろ話を聞き、さらに自分なりにサイトの説明を細かく読みリサーチして決めた。

この時点で自分にとっていい・悪いポイント(英語でPros and Consという)は下記だった。

Pros

  • 分散型の融資で低リスク
  • 自分でリスク・リターンのレベルを無限に選べる
  • 融資相手の選別や運用が自動化できる
  • だからあまり手間がかからず堅実に運用できそう

Cons

  • ローンを借りたことあるけど逆に融資したこと無い。知識も無い
  • だからリスクを理解していてもなんとなく不安

ちなみにクラウドレンディングサイトはビジネスライクで色気がない。

クラウドレンディングサイトに登録

まずはクラウンドレンディングサイトでアカウントを取得する。
実はこのクラウドレンディング、アメリカ国内でも限られた州でだけ営業が許可されている。残念ながら日本からも投資運用できない。

自分の住んでいるカリフォルニア州でも営業しているが、収入と資産が一定額をクリアしてないと融資者として登録させてくれない。これは生活保護を受けてる人が融資したり、組織犯罪に悪用されるのを防ぐためで、生活に多少なりとも余裕がある個人でないと投資できないようになっている。

プロセスは簡単

最初の設定

最初の設定

いったん手続きを終えてアカウントを取れば、投資の手順そのものはむずかしくない。

流れとしては銀行からサイトへ入金したら融資する相手を選んで融資するだけだ。ただ少額分散型なので最低でも100以上の融資先を選ばないとならない。手動では大変だ。

実は機械学習アルゴリズムを使い融資先を選んで融資しているツワモノもいて、自分もこれをいつかやってみるつもりなのだが、入力条件にもとづいて融資相手を検索してくれるツールがサイト上にある。これを使って自分のポートフォリオを作った。

ポートフォリオ

融資相手はAからGまでリスク・リターンのグレードがついている。Aは優良だがリターンも少ない。Gまでいくとリターンは高いのだが焦げ付きリスクも多い。このA-Gグレードを組み合わせたポートフォリオがいくつか用意されていてすぐ融資ステップに進むことができる。

でもお仕着せのポートフォリオでは芸が無いので、優良グレードを主としてちょっとアブナイのも入ったポートフォリオにしてみた。 これだと融資全額の利回りは11%。そのうちチャージオフという回収不能予想額が3.6%。差し引き7%ほどの利回りになる。

念のために、これは契約でもなんでもなく、保証でもない。5%から8%の利回り運用になるかも、という想定の投資だ。 投資運用には必ず何らかのリスクはある。株でも債権でも元金割れしない保証は何もない。それはクラウドレンディングも同じだ。

その辺はしっかり理解したつもりで、融資する、のボタンをポチッとする。

するとその後はまた自動で融資手続きをしてくれる。

(一回だけ続く)

日本語と英語の優劣

140字の制限があるツィッターを日本語・英語両方で使っている。 ずっと三十数年英語メインの生活を過ごしてきたが、日本語も使い続けたい、だからアカウントを二つ持ち、ひとつは英語アカウント、もうひとつは日本語アカウントと分けている。 日本語アカウントでは日本語だけを使うようにしている。

そういうことを数年やってきて痛感するのが日本語文章の効率の良さだ。文字密度が高い。伝達できる濃さが英語と数倍違う。

そして日本語は文字数の少ない曖昧な表現でも細やかなニュアンスが伝えられる。伝達効率が二重にいいのだ。 この効率の良さは日本語と英語を並行して使うとほんとうに身にしみてよく分かる。

日本語

日本語は140字のミニ小説

英語は文字数が多い。ちょっとむずかしい単語は簡単に10文字を超える。これが漢字だと1文字。熟語でも3、4文字だ。 だから英語ツィートにいろいろな内容はこめられない。

必然と英語ツィートは俳句みたいに抽象的な事しか言えなくなる。 だから英語圏では漢字圏ほどツィッター上で踏み込んだコミュニケーションができない。

英語だとこんなもん

英語だとこんなもん

これは言語としてどちらが上か、という話ではない。英語には日本語と違う奥の深い表現力があるし、細やかな表現もできる。だがいかんせん文字数が多い。140文字で、と制限をつけるとえらい差がつく。

ところが、日本語にも弱点がある。 カタカナを使う外来語だ。カタカナは発音表記だから伝達効率がガタ落ちする。特に文字数が多い外来語を使いだすと英語の1.5倍ぐらいまで密度が落ちる。さらにカタカナ語は意味がはっきりとしない場合も多い。

かと言って漢字だらけの文章はとても読みにくい。 文才がある人達はその辺も上手にバランスよく表現に取り入れている。 そんな文章を読むと日本語って優れた言語だなと思う。