C-41現像

C-41ネガ現像で泡状の跡が残る問題だけど、どうも現像液が足りないのではないかと思う。

CPE-2はモーターがヨワッチイので現像液を600cc以上入れてまわしてはいけない事になっている。なので現像液を600ccで、フィルムを少なめにして現像してきた。 

でもこれではどうもちと足りないのではないか。と言うことで次回はちょっと多くしてみる。 モーターがいかれてしまったらそのときはその時さ。

このところ所蔵カメラがちょこちょこと増えているけど、実はローライフレックスとずっと格闘中で、いつも持っているライカにさらにローライを持って出てしつこく使おうとしている。 

なんでそんなにがんばっているかと言うと、中判をウェストレベルで撮るのは楽しいけど、現像したフィルムを見るとげんなりしてしまうのが多いのだ。 

まずは構図だ。6x6の構図にいまだに戸惑っているってのがある。 

それから露出だ。 ローライの絞りとシャッタースピードはやたらといいかげんで、いまいち設定に自信がもてない。 その上に持ってるローライは1950年代製造なので、レンズのコントラストが低く感じる。 モノクロならそれはそれでいいんだけど、カラーだと露出をどうすれば良いのかイマイチよくわからない。 

と言うことでなんとなくわかるまでとにかく撮り続けるあるのみだな。

マミヤ・スーパー・23
腰痛