腰痛

横浜にいる義弟は、身長高いし、体格良いし、人当たり良いし、ちょっとテンネンが入った我が妹と我が両親ともうまくやってるし、とワタシから見てもいい所だらけだ。 

ただ彼は腰痛もちなのだそうだ。 それもめったに無いことなのだけど腰痛が来ると動けなくなってしまうそうだ。それはつらいだろうなと思いながらも、イマイチなにがどれぐらい辛いのかよく分かってなかった。

ところが数日前、このワタクシが朝、腰痛で目が覚めてしまった。 腰痛なんていっても腰や背中が痛いだけでなく、脚はひざまでピキピキと痛い痺れがきてしまうし、横腹まで痛い。 それ以来、毎朝えらい腰痛で脂汗が出て目が覚める。

いやー、義弟の腰痛はこれだったのかと思ってたけどどうも違うらしい。起きて動いているとつらくなくなるのだ。 そして寝ると症状が悪化する。 な、なんだ。ずっと起きてろって事か?

いろいろ調べた結果、これは日本語で坐骨神経痛と言うものらしい。 腰から脚に走っている坐骨神経が圧迫されてなるらしい。と言うことは寝ている間に神経が圧迫されるが、起きているとこれが無くなるということらしい。

なるほど、と心当たりがあって、実は使っているマットレスが古くて形が悪いのだ。 以前から起きたときに体がぎしぎしして痛いぐらいなのは感じていた。

そこでマットレスを買おうとカミサンに頼んだ。 なかなか良いやつを選んでくれたのだけど、配達まで2週間も掛かるらしい。

これはしばらく床にフトンをしいて寝た方が良いかな、こりゃ。

C-41現像
腰痛その後