遺伝子と自分(6)

血縁関係と遺伝子SNS

血縁関係にある遺伝子は一部が一致する。だから二つの遺伝子を比較してどれだけ一致しているか調べればどんな血縁関係かわかる。

23AndMeは登録しているユーザー同士で遺伝子の一致があり、かつ双方が希望すればお互いに安全に連絡を取れるシステムになっている。いわば遺伝子ソーシャル・ネットワーキング・システムだ。

23AndMe側でデータを照合しているのでウソもつけないしなりすましも無い。そして登録ユーザーは増えつつあるので、将来も新しい血縁関係の輪が広がり続けるSNSという事になる。

自分には今のところ56人の血縁関係が見つかっている。ほとんどが何世代も前の祖先の兄弟の子孫で、何十親等も離れている。だが一番近い二人が4th cousinという関係だった。Cousinはイトコ。立派な血縁ではないか。

ところが4th cousinというのは祖父母のさらにまた祖父母の兄弟の子孫で、12親等だ。六世代もさかのぼった200年も前の祖先の兄弟から分かれた間柄で、コンタクトするほどの関係には思えない。

ツィッターで知らない人とのやりとりが当たり前の時代に、ちょっと矛盾しているような気もするが、遺伝子SNS上で血縁関係だから声を交わす、というのはしっくりこないようだ。

意外なコンタクトの理由

ところが知り合いの東洋人女性が23AdnMeで遺伝子検査を受けたら、遠い血縁関係の人が二人ほどコンタクトを取ってきた。

コンタクトを取ってきた人達はみな東洋系アメリカ人だったのだが、どういうわけか韓国孤児だった過去を共通して持っていた。

実は朝鮮戦争が1953年に終結した時、韓国に多数の孤児が残り、欧米でその孤児たちを養子として引き取るようになった。その風潮や続き、英文ウィキペディアを見ると1953から2001年の間だけでも計15万人の孤児が外国へ引き取られている。七割の孤児の行く先はアメリカだ。

コンタクトを取ってきた人たちはアメリカ人両親にアメリカ人として育てられ、生まれた国の言葉も何も知らずに育った。自分の生まれや実の両親兄弟のことを知るすべも無い場合が多い。そういう状況の人たちがルーツを探して23AndMe上に集まっているようだ。

生まれは韓国でも彼らはアメリカ人だからあっけらかんと実名で自身の過去や血縁探しの理由を明らかにしている。そんなプロフィールやフォーラム投稿を見ると、親等がはなれていても血縁を見つけるのはかれらにはとても意義がある、ということが伝わってくる。

血縁関係の検査と遺伝子SNSは人によってはとてもポジティブな事なのだ。

もちろんそれで全てが解決するわけではないだろう。例えばコンタクトされた知り合いは日本人だ。祖先構成に韓国系の遺伝子はほとんど無い。それなのに韓国生まれの人達が微小ながら血縁関係になるのはなぜだろうか。それはコンタクトしてきた人たちに日系の遺伝子があるからだろうか。だとしたら彼ら・彼女たちが孤児になった理由となんらかの関係があるのだろうか。

一つを知ることはまたいろいろな質問にも繋がっていく。だが遺伝子はその答えを探す手段にもなる。

終わりに

自分の健康に関わる遺伝子情報を知りたくて検査を思い立ったのだが、素人が見ても健康関連の検査はあやふやだという印象を受けた。

この印象は間違っていなかったようで、自分の結果を受け取った直後に米国政府が23AndMeに健康関連検査の停止命令を出した。(祖先検査は続行

それにくらべ、祖先関連情報はどれも予想外の大ヒットだった。親の遺伝子グループと歴史、自分の人種組成、どれも知ってよかったと思う。

そして血縁関係の調査では知らなかった歴史にいろいろ深く考えさせられた。 人間は誰しも壮大なスケールの歴史とストーリーを遺伝子の中に持っているものなのだとつくづく思う。

祖先関連の遺伝子検査は23AndMe以外でも受けることができる。例えばナショナルジオグラフィックがジノグラフィックプロジェクトを進めていて、今までに140国の65万人が遺伝子検査をして参加している。これからもっとポピュラーになるのかもしれない。

そうやって遺伝子検査をうける人口が増えればいろいろなデータがもっと蓄積され、人類の知られざるストーリーがいろいろと明らかになるだろう。

自分は歴史の中にどう当てはまるのか、どこから来てどこへ行こうとしているのか。そんな疑問が解き明かされる時代がもうそこまで来ているようだ。

遺伝子と自分(5)
三月十六日

Leave a Reply

Your email address will not be published.