アマゾン・ジャパンの鎖国政策

自分はアマゾン・ジャパンでアカウントを持ってる。キンドル本を買うためだ。日本語との接点がインターネットばかりだと読む文章も内容もなんだか偏ってしまう気がする。というかまとめサイトとかばかり読んでたら偏るよね、絶対。

なので努めてちゃんとした日本語の本も読むようにしていた。大のSF好きだけどビジネス本から時代小説まで日本の思考や歴史や価値観が垣間見えるものはなんでも面白い。ここ一年ぐらい日本語のキンドル本を買ってなかったのだけど、面白い本を見つけたのでキンドル版を買おうとした。そしたら変なメッセージが出てきた。

file

この本だけかと思ったが他の本でも同じメッセージが出る。数十冊試してみたけど「一部のキンドル本」どころか全滅だった。前はキンドル本が問題なく買えてたアカウントでカード情報も同じなのに。自分だけかと思ってネットで探してみたら「数学ガール」シリーズの著者の結城さんが一年も前に言っていた。

file

日本語の数学用語や表現を知るために数学ガールのキンドル本は買いたい本リストに入れてたのに。残念ですが買えませんでしたよ結城さん。

アマゾンの説明によると出版社がキンドル本を販売する際に対象国を指定できて日本だけにしているとこうなるそうだが、以前買えた本が買えなくなっているのでアマゾンジャパンそのものがブロックしてる可能性は大いにあると思う。

もしかしたらこれはバグとかで自分を含めた一部のユーザーだけに起きる現象なのかもしれない。以前アマゾンのアカウントハッキングが問題になってたからそれもあるのかも。だが実際に在外日本人がキンドル本を買えない状態ならアマゾンジャパンは鎖国に突入したという事みたいだ。少なくとも自分のアカウントは持っていても意味がない状態になった。

しょうがないからまとめサイトでも読んで日本語のレベルを保つとしよう。偏るけど。

ターニング・ジャパニーズ
引越坂

Leave a Reply

Your email address will not be published.