エクセルでマクロ書いたら怒られるべき理由

エクセルでマクロを書いて効率化したら怒られたって話が出回ってる。

実はアメリカでもローテク分野はエクセルで溢れている。今の会社がそうだった。自分は会社を言うところのIT化するためにヘッドハントされたのだが、入ってみたら会社中手作りエクセルに蝕まれていて頭を抱えた。

例えば毎週百万行あるCSVを取り込んで一部の人間だけが知ってるマイルールで手作業で集計し、その結果をまた小分けして何十人の担当者達に送っていた。全部手作業でとんでも無い労力を使っていて、やらされる人たちが嫌がって辞めてしまう。これを自動化できないか、みたいな話がすぐ出てきた。

データの集計だけをみれば自動化するのはできそうだったし、他にも似たようなエクセルのレポートが幾つもメールで飛び交っていたから自動化する価値はありそうだ。

そこで自分は担当者達がこのデータをどう使っているか知りたくて聞いてみることにした。

するとかえってきた返事は「あーあれね、あんまり使ってないわ」「一部は見るけどさ全部はちょっとね」とかばかり。その他多数のエクセル添付メールにいたっては「見る暇無い」とか「一応とってあるよ」とエクセル作ってる人たちが聞いたら泣き出しそうな返事ばかりだった。

なのでエクセルをただ自動化するのはやめになった。そして「なぜ必要なのか」「何を知りたいのか」を解明しデータをもっとピンポイントで可視化する方針で攻める事にした。

これでかなりの結果は出せたんだが、まぁ当然いろいろありましたよ。これはこれでまた別の機会にでも。

で、何が言いたいかと言うと「なぜか」を聞かずにそのまま自動化しようとする人がいたら、怒られるべきなのだ。それを掘り下げない上の人たちが。

マクロで出来てしまうことならデータベースに入るようにしてリアルタイムで集計できないのか。他にも同じようにちまちまと手作業で作ってるデータも一緒にやっつけれないのか。

それよりそもそもそのデータの必要性ってなんなのよ。

誰かがマクロを書いてたらまずそう聞くべきだと思う。

英語習得にかかる時間
バレットジャーナル

Leave a Reply

Your email address will not be published.