HC-110 (2)

で、HC-110で現像してみた。 えーと、H希釈(1:63), 温度68Fで8.5分。

なんでわざわざ華氏かって? アメリカ生活長すぎて華氏でないと良くわからんのですよ。

で、これで大体良い感じだ。ネオパン400はディアファインだと妙にコントラストぎんぎんになるのだけど、HC-110は階調が出て良い。 

ただ、H希釈だと毎回一本ずつしか現像できない。 写真に関しては数を撮るぐらいしか能がないんだから、そんなのやってられん。 

なので、考えたのだけど、B希釈で2段増感ってのはどうだろう。 これだといっぺんに3,4本できる。 それにオレンジフィルターかませると2段減感だからちょうど良いわけですよ。 で、暗くなったらフィルター取って高感度。

次はこれで行ってみよう。

SWCで撮ったのだけど、シャッタースピードが速いコマは露出もあってる。 でもスローはちょっと遅いらしく、オーバー気味になる。 銀胴のディスタゴンも同じ傾向なので、SL66が修理から帰ってきたらこのコ達も整備に行ってきてもらおう。

C-41
HC-110 (3)