フィルムへの希望

昔は写真はなんでも良くって使い捨てのカメラで撮っていた。でも現像に出さないとならないし、山のように写真がたまってしまう。いろいろと不便だった。

デジタルカメラにはすぐ飛びついた。撮ってすぐ見れるしデータにして送れる。信じられなく便利だ。

だが、10年もすればデジタルの一過性に気がついた。媒体はどんどん変わるし、ハードディスクに保管しても数年すれば仕様変更で使えなくなるか故障でデータが消滅してしまう。

デジカメそのものも長持ちしない。高級機も技術革新で翌年は旧型機。電子回路は経年変化でいつか必ず壊れ、プラスチックや合成ゴムは加水分解して粘着物になってしまう。

デジカメで撮った写真は消滅確定だし、デジカメそのものは環境汚染源確定なのだ。そう思ったらデジカメに興味を失ってしまった。

その代わりいろいろ不便だと思ってた昔のフィルム写真の束は、褪せたり変色しても思い出のままにある。今撮ったフィルム写真は20年どころか50年後にも見る事ができるだろう。

自分は50年後にはモウロクしてしまってるかもしれない。それともこの世にはいないのかもしれない。でもそれまでは撮った記録や思い出の写真が自分の手元にあり続けられる。

今、フィルムで撮る意味はあるのだ。 そう思ったらフィルムに希望が湧いてきた。

R4S自動露出
サインを送れ

4 thoughts on “フィルムへの希望

  1. おっしゃるように,デジタルが便利かと思えば意外に弱点があることに私も気付きました。そしてなんだか直ぐに飽きちゃうし。
    フィルムで写真を続けることには不思議な魅力があります。無くなってしまってはあまりに惜しい存在ですね。

  2. 最近サンディエゴのMOPAで、中高生が撮った写真の展示をしています。 デジタルとフィルムの比は半々でした。フィルムを創造の媒体として使い続ける人口は世界規模で相当数残ると思っています。大量消費を前提とした大手の体質で採算が取れなくても、イルフォードや東欧の小規模メーカー達の内、数社は残ってやっていけると思います。なので自分は安心してとにかくフィルムで撮り続ける事にしてます。

  3. コメントをありがとうございました、2,3当たって駄目なら海外修理考えます。
    フィルムは良いですね私も今年は毎月10本撮影とぶち上げましたが1月5本で終わってしまいました。コダックのマイクロフィルムはちゃんとした管理で500年保存
    可能とうたっています。デジタル化+マイクロフィルム化これなら半永久に文書、
    図面など保管、保管、活用できます。
    お金が掛かることだけフィルムは痛いところです、モノクロ現像も15年ぶり復活予定です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.