Outside Looking In – With Leica

もし機械式フィルムカメラオタクが最小限のカメラとレンズを選べと言われたら。

悩むところだが、月並みにM6かM5+ズミクロン35だと思う。

レンズはもちろん神話の8枚玉だ .. なんて事は無い。正直なところそんな神話とかあまり気にしてもいない。何枚玉だか知らないけど自分のなじんだズミクロン35は見かけはくたびれているがしっかり写る。ちょっとへこんだフードをつければ完璧だ。

M5はダイアルの操作に慣れると一体感がある。同じ追針式のSL2もM5にははるかに及ばない。ただ携行性でM6には劣る気がする。自分としてはどっちでも良い。

人生要らないもの売っぱらってすっきりできたら、最後に残るカメラとレンズはこの辺だ。実際、ヨーロッパに出張で何回も行ったけど、M6+35でなんでも撮れた。

ただ、旅に出て35ミリレンズだけだと足りないと気づいた時もある。

それは日本へ行ったときの事だった。自分はあまり日本に住んだ事が無い。日本は知っているけどなじみが無い不思議なところなのだ。

よく知ってるんだけど初めて見る街と人並み、それに田舎の風景。既視感につつまれた新鮮さとでも言うのか。こんなに面白い世界を撮るには35ミリでは画角が足りない時がある。

そこでもう一台のボディに愛用のスーパーアンギュロンを付けて持って行く。 TRIX詰めて21ミリで撮るのに内蔵メーターはいらない。M3とかM4−Pに外部ファインダー、これが良い。

旅カメラ

ちょっとヤレてるがしゃっきりと写る21ミリには、角が欠けたフードが付く。

M3もダブルストロークだの初期型だのそういう神話はすっかり忘れた。シャッターとファインダーさえしっかりしていれば、ヤレててもかまわない。

M3でなくても廉価版M4−Pでも良い。角がテカりはじめるぐらいになじんでいるボディはなおさら良い。

フィルムカメラ2台もぶら下げて最小限も無いもんだが、最近の日本旅行はM6+35, M4-P+21を持って行った。 今までで一番良かった。

これからはこれが定番。

フィルムの作り方
見覚えのある風景

Leave a Reply

Your email address will not be published.