SL66 Bay VI

ギアが噛んで不動になったローライフレックスSL66がこないだ帰ってきた。 修理はカリフォルニアのハリーさん、と言えばアメリカでは知る人ぞ知るトップクラスの人に頼んだ。壊れたところをなおした上にフォーカスギアが引っかかるのをなおし、シャッターのオーバーホールまでしたので巻き上げもフォーカスもとてもスムースだ。修理費はちとかさんだが。

で、持ち出してどんどん撮りたいんだけど問題がひとつある。 ワタシはカメラはフード無しでクランプラーのバッグに放り込んで持ち歩く。だからフィルターは必須なのだが、これが高価なのだ。

SL66のレンズは80プラナーと50ディスタゴンを持っているが、両方ともフィルターはバヨネットVIのマウントを使う。 このBay VIフィルターはワイドローライと共通だ。 このワイドローライが骨董品扱いのやたらと高価な曲者カメラなのだ。幸いこのカメラ自体には興味が無いので大散財は免れているが、ワイドローライで使えるアクセサリーはどれも値段がつり上がってしまっている。 風吹いて桶屋が儲かる的な連鎖反応でSL66のフィルターはやたらと高価なのだ。Bay 6のUVフィルターにオレンジフィルターにNDフィルターとそろえたら今回の修理費以上の金額になってしまう。

しょうがないのでBay 6->67ミリフィルターのアダプターを使おうか思案中だ。 67ミリはSWCに使っているので共用できそうだし。

eBayで安いのが出てくるのを待つとするか。

SL66 (3)

SL-66, とっても気にっててバシバシ撮っていたのだけど、修理にいってらっしゃいとなってしまった。

巻き上げの途中でカツンとレバーが止まり前にも後ろにも動かない。それっきりにっちもさっちもいかない。 ギアがなんか噛んだみたいだ。 ネットで見つけたSL66によくある故障は

1. マガジンのギアが回りきっていなくて取り付けた後ジャムってしまう
2. マガジンがジャムってしまうとダークスライドが入りきらない。するとマガジンをはずすことができない
3. 細かい部品が緩んで外れてギアに噛んでしまう
4. オートマットが機能せず最後まで巻けてしまう

だそうだ。 なんと使い出して数週間で全部経験しちゃってるぞ。 1,2は自分でなおせたし、4番はまぁ慣れれば適当なところでとめれば良い。 

でも3番はボディを開けないとならない。これは絶対にしてはならない。

取りあえずフィルムをダークテントの中でマガジンからはずし、マガジンとボディだけ修理に出した。 米国一のローライ専門修理屋に送ったけど10週間かかるっていう。 電話掛けて確認したけど、修理依頼がありすぎてそれぐらい覚悟しといてくれと言われた。 

10週間ですかぁ。

でもそれだけローライフレックスの修理依頼が多いと言うことはまだまだフィルムカメラは使われているって事だ。 

だから我慢します。

SL66 (2)

SL66はベローズがろくろ首のように延びてすごい接写ができる。 ま、ろくろ首接写ならマミヤC330でもできなくはない。だがSL66はその上にレンズを逆付けできて、これがいやーすごい寄れるんだ。 

寄ると露出補正が必要になりシャッタースピードが下がる。 写真のSLはEfkeのISO50フィルムで撮ったからただでさえシャッタースピードが遅い。 こうなると手持ちでは撮れないのでベルボンのカーボン3脚を立てて撮った。

ハッセルでもエクステンション付ければ同じような事はできる。でもエクステンションのシャッターシャフトはすぐ回ってしまって、取り外しのとき気をつけていないとジャムってしまう。それに比べればSL66で接写はいやほんとになんとも便利。 

ただ、SL66マガジンは問題が多いようだ。スペアで買ったマガジンは状態があまり良くなく、フィルムのスタートを感知してくれない。 ローライ修理で米国一って人に問い合わせたら、修理依頼が多すぎて10週間掛かかるって言われた。 

使い慣れはじめたばかりで10週間も別居するのは気が進まないのでこのまましばらく使う事にした。 

前回のブログでコマの片端が明るいと書いたけど、どうもこれは現像の問題らしい。 というのはディアファインから泡が多く発生するようになったのだ。 

CPE-2でグルグル現像していると泡が立ちやすく、以前これでソラリスもあきらめる事になった。 現像液から泡が立ったらまともに現像できない。 リールとタンクは良く洗うとして、ディアファインはそろそろ終わりだな。 次はHC-110でいってみよう。