Super Ikonta 530/16

ハッセルを修理に出したのだけど、不思議なもので、ハッセルが手元に無いととがぜん中判でカラー撮影がしたくてたまらなくなる。

で、他に中判カメラと言ったらフォルダーが2台あるのでそれを持ち出してKodak Portra400VCをつめて撮って見た。

Super Ikonta 530/16は1930年代の製造。 レンズは80mm F2.8テッサーで、発色も良いし、ボケも滑らかだし、製造された年代を考えるととんでもなく良く写る。

530/16は片目にメガネをはさんだ貴族のような趣があるし、写りのよさを考えたらもっと使うべきかもしれない。 ただこのカメラ、手順が結構めんどくさいのだ。

まずフォルダーを開けて、絞りをセットしてシャッタースピードを設定し、チャージしてからレンジファインダーのぞいて、いったん目を離してフォーカスをまわす小さな円盤の位置を確認してまた覗いてピントを合わせて、それから普通のファインダーを覗いて構図を確認してようやくシャッターを切ろうとするけど、さっきシャッターボタンを触っちゃって2重露光防止機能が効いちゃったので、前玉の下にあるレバーでシャッターを切る裏ワザを使って….

ようやく一枚撮れるわけです。  大変なんだからほんとに。

なのでこれでスナップしてるのはすごい事なんだと思う。

フィルム浪費

F3HPとニッコール50mm F/1.4 AISレンズの修理の見積もりがきた!

思ったより全然安かった。 ライカM4-Pもここで直してもらおうかな。 F3治ったら取りに行くとき聞いてみよう。

M4-Pメンテしてもらうまでもう使う気がしないので、しばらくまたモノクロをばしばし取る! よし、やるぞ!

と一人で気合をいれて、なぜかスーパーイコンタ持って会社に行ってます。  1930年代の折りたたみ式の中判カメラ。 操作をちょっと間違えるとフィルムがすぐ無駄になる。 気合を入れてフィルムを浪費しているような気もしなくはない。

そう言えばフォトキナが始まった。 キャノンの5DMKIIとかライカのS2とかデジタル機材が続々発表されてるけど、どうせ来年には旧モデル化してるんだからあまり興味持てない。

最近の車もカメラも売り出した瞬間しか魅力が無い。 そんなのつまんないよなぁ。

Zeiss Super Ikonta

大分前に手に入れたSuper Ikonta B 530/16。 戦前の1930年代の製造。 ウチの親と年齢かわらない。

レンズは綺麗だし、ジャバラの光漏れもないし、ファインダーの二重像も一応見えてる。  ただ前玉のストッパーが効かなくて、ピント合わせるときに気をつけないと前玉がはずれて落ちてくる。

1,2回試し撮りしてみてなんとなく感触がわかったのでまた2本撮ってみた。 さすがテッサーだけあってシャープだし、ボケもキレイ。

結構操作はめんどいのでバルナックライカみたいにスナップするという訳にはいかない。 後、露出がイマイチつかめない。 どうやらシャッタースピードの早い方がかなり不正確なようだ。 もうちょっと絞ってみたらいいのかもな。

これで撮った写真がFlickrで褒められちゃった。
それにしても齢70過ぎでもなかなかすてたものではないねぇ。