クリスマス追針式

この一週間、サンディエゴは豪雨だ。 ミッションバレーという地域ではホテルやスタジアムまで水没してしまった。

それぐらいの雨だったのでこのところおとなしく家でライカフレックスSLのメーター調整をしていた。 SLは追針式のメーターが付いている。 使い方は絞りを決め、ファインダーを覗いて、シャッタースピードを変えて針をメーターにあわせる。 ライカM5もこの形式だ。

追針式メーターの良いところは、メーターが絞りやSSと関係なく光量計測器として動作する事だ。カメラの癖がわかってくると、針の位置と関連づけやすいのだ。 左端のこの辺なら一段余分に開ける。と直感的にできるようになる。

これは真ん中で合わせる針式メーターやLEDの+ーを合わせるメーターや、撮るたんびに目を離してLCDを見るデジタルには無い感覚だ。 BWフィルムをM5に詰め増感で撮りまくっていた頃があったけど、メーターのおかげでカメラとの絆とでもいうべき一体感があった。

Leicaflex SL and R4S cameras
Rマウントライカ

カメラは増殖するばかりなのだが(カミサンに内緒で月に一台フィルムカメラを増やすの会会員)その中でもM5は特別な存在だ。

で、M5と同じメーター方式のこのSL、ライカRレンズ用の実験台として手に入れた。プリズムには腐食をなおした跡があるが他はそこそこきれいでSSもまぁ合っているようだ。 ただ先端に輪っかが付いた追針式のメーターは動いてはいたがかなり狂っていた。

このメーター、追針の位置調整にISO調整つまみの下のカム位置を調整しないと行けないのだが、これが判らず一苦労した。 メーターそのものはファインダー全面の半固定抵抗を調整し、明暗両方で他の露出計と値が合うようにする。

このSLメーター、そこそこ調整すれば後はいろんな状況下で驚くほど正確だ。 後は調整穴の上に皮革を張るだけだけだが、その前にこの治ったSLにポジを詰めてクリスマスの夕焼けを撮ってきた。

そうそう、写真ではなぜかRレンズ用ボディが一台増えているがその顛末はまた。

DP-12の霞
Leica R4S

2 thoughts on “クリスマス追針式

  1. こんにちは。コメント失礼致します。
    ライカSLの露出計調整を調べていてたどり着きました。
    もしよろしければ、可変抵抗での調整についてご教示頂けないでしょうか。だいぶ使い込まれたSLを買い、愛用しています。露出計は動いているのですが、全く合っておらず、調整したいと思うもやり方がわからずおりました。お手隙の際によろしくお願い申し上げます。

  2. こんにちは。使い込まれたSLって聞いただけで良い感じですよね。

    メーターの調整は自分はしたことが無いのですがrangefinderforum.comの掲示板に情報がちょこっとありました。[The Classic Camera Repair Forum: Leicaflex SL lightmeter calibration: any instruction?]。残念ながら自分が読んでもイマイチわかりにくいのですがばらして見たらわかるのかもしれません。

    ところで電池は何をお使いでしょうか。SLやSL2は電圧が1.35Vの水銀電池用に設計されたので、1.5Vの酸化銀電池を入れると露出計の感度がかなり変わってしまいます。自分はWeinCellという会社が出している水銀電池の無公害代替品の1.35V電池を使っていました。高価な割に持ちが悪いのですがメーターがぴったりで針を合わせて撮るのが楽しかったです。もし1.5Vの電池で露出計が合わないのなら1.35V電池を使って確認してみるのも良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.