カメラ増殖

ペンタックス・スポットマティックSPにテッサーをつけられるようにして使い倒すつもりが、ついつい他のカメラもいじってたりする。

まずブロニカS2a。開放でルーペでピント合わせたはずなのに妙にピンボケしているのが多い。 インターネットで見てたらミラーの下のモルトがへたってしまってファインダーで合わせたピントはフィルム面とずれてしまってるとか。

なので自分でやってみたら意外と簡単だった。ただミラーをピンセットでつまんで傷つけてしまったのが残念。ピンセットにテープでも巻けばよかった。また撮って確認せねば。

次はオリンパスOM-1n。eBayで黒いのが安かった。 来てみたら巻上げが時々不良。 これも軍艦部外して巻き上げ周りを洗浄して注油だけでばっちり動くようになった。 巻き上げ動作の最後にクラッチが使われているようで、汚れでこの動作が不安定になるみたいだ。 ゴリゴリしていた巻上げもスムースになった。

でもトップカバーをつけるときに露出計スイッチのベークライトを折ってしまった。 ごく細いフィンガーだが力が掛かるのでただ接着してももたない。 なので小さなアルミの添え木を作って接着剤でつけてなおした。

で、軍艦部が上手くいったのに気を良くしてちょっと硬いシャッターダイアルを直そうとマウント部をばらしたのだけど、最初は動作がわからなくて元に戻せなくてえらくあせった。

シャッタースピードはマウント下部にのぞいてるギヤをマウントのシャッタースピードリングがまわすようになっている。 でも露出計伝達の糸を引っ張るリングとかもあって、これらがシャッタースピードリングと逆に回るようになっている。

わかれば元に戻すのは簡単だったけど、それまでは最後の最後でジャンクにしたかと思ってえらくメゲてぶつぶつ文句を言っていた。

こうやってOM-1nは完動になった上に磨きこまれてピカピカになった。でも、まだ写真撮れない。 カメラに合うレンズが無いのだ。

あぁ、レンズ買わないと。 キリが無いですな、こりゃ。

ブロニカ S2a

ブロニカ・S2aで初撮ったネガを現像した。

このS2aはフィルムバックに一箇所へこみがあるけどそれ以外はきれいだし問題なし。

写真で見たより大きくて重いけど箱型のハッセルブラッドやローライフレックスに比べると形は工芸的に良いと思う。 シャッター切った時の音の大きさはハッセルとそんなに変わらない。 ただS2aの方が耳障りな音なのは確かだ。

S2aにはニッコール75ミリレンズが付いてきた。 ニコンは中判カメラは作らなかったけど、中判レンズは作っている。 写りはさすがニッコールでしゃっきりと写る。

このレンズのシャープさはファインダーを覗いたときにわかるぐらいだ。 比べてハッセルのファインダー像はちょっとまろやかにみえる。

フィルムはネオパン400をダイアファインで現像してみた。 ISO800ぐらいで撮るとちょうど良いみたい。

ダイアファインは手軽なのがなんといっても良い。 ダイアファインに関してはブログにコメントを貰ってしまったぐらいなのでまだまだいろいろなフィルムで試してみたい。

さらに増えたカメラ

昨日は朝の1時から4時まで電話会議して、今朝は8時から12時過ぎまで電話会議がメジロ押しだった。 今晩は寝るぞー。

で、自分で分解してレンズ清掃したローライフレックス・オートマットIIIだけど1948年ぐらいの生産らしい。 レンズには目立ったキズもなく、曇りが取れなかった後ろ玉も、米国離れワザの皿洗い機で洗ったらそこそこきれいになった。

レンズは一応コーティングはされているらしいが、さすがに60年モノだけあってコーティングが一様でなくなってきている。 まぁなにはともあれ写りを見てからなので、今晩ぐらい現像してみたい。

で、もう一つ買ったのがブロニカ S2a。 もともとSQ-Aシリーズが気になっていたんだけどいつの間にかS2に興味が行ってしまった。 どうせ買うならと後期型のS2aにした。 シリアルナンバーが16万番台なので最後期の型らしい。

S2aの現物は写真で見るより大きくて重い。 でも操作性は良くてしっくり来る。 ピントも合わせやすいし、ファインダーグラスに写る像はハッセルよりくっきりしている。 なによりS2a工芸品的なカタチが良い。

まずはとにかくオートマットを使い倒して、それからS2aでいろいろ撮ってみよう。

それにしてもまたカメラ増えちゃって棚からあふれそうだ。