Spotmatic vs OM

OM-1n用に買ったOM 50mm F/1.4 レンズが来た。

なので、この週末はスポットマティックSP + CZJ テッサー 50/2.8 とOM-1n + OM 50/1.4の両方を持ち歩いて2,3本ずつ撮ってみた。 現像しないと。

で驚いたのがOM-1の使いよさだ。 ボディはライカ並に小さくてもちやすい。 なのにファインダーはものすごく見やすい。 そして巻き上げのフィールがすごく良い。

いや、巻き上げのすばらしさはワタシが分解清掃したからだけどさ。

SPも良いんだけど、こっちは巻き上げがちょっと硬い。今度軍艦部はずして見ないといけないな。

OM1-nのメーターはちゃんと動いていないのだけどまぁしょうがない。

まぁバルナックだってM4-PだってニコンFだってメーターはもともとついて無いか動かないかどっちかなんだし。

昔自分のヨット買って乗りはじめたとき、エンジンが故障ばかりして動かないので風の力だけでマリーナから出入りしなければならなかった。 で、そのうちエンジンを全く掛けずに出て帰ってくるようになるのが当たり前になった。

これは船の慣性とか横風とか体で感じてわかるようになればできる事で、人間は訓練すれば意外と優秀なセンサーになれる。

露出も数をこなしてれば自分で感じて大体わかるようになるもんだと思う。 まぁそれまで露出外した写真を大量生産するわけだけど。 一応単体露出計をもっているのでそれで自分が感じた露出を確認しながらやっている。

カメラ増殖

ペンタックス・スポットマティックSPにテッサーをつけられるようにして使い倒すつもりが、ついつい他のカメラもいじってたりする。

まずブロニカS2a。開放でルーペでピント合わせたはずなのに妙にピンボケしているのが多い。 インターネットで見てたらミラーの下のモルトがへたってしまってファインダーで合わせたピントはフィルム面とずれてしまってるとか。

なので自分でやってみたら意外と簡単だった。ただミラーをピンセットでつまんで傷つけてしまったのが残念。ピンセットにテープでも巻けばよかった。また撮って確認せねば。

次はオリンパスOM-1n。eBayで黒いのが安かった。 来てみたら巻上げが時々不良。 これも軍艦部外して巻き上げ周りを洗浄して注油だけでばっちり動くようになった。 巻き上げ動作の最後にクラッチが使われているようで、汚れでこの動作が不安定になるみたいだ。 ゴリゴリしていた巻上げもスムースになった。

でもトップカバーをつけるときに露出計スイッチのベークライトを折ってしまった。 ごく細いフィンガーだが力が掛かるのでただ接着してももたない。 なので小さなアルミの添え木を作って接着剤でつけてなおした。

で、軍艦部が上手くいったのに気を良くしてちょっと硬いシャッターダイアルを直そうとマウント部をばらしたのだけど、最初は動作がわからなくて元に戻せなくてえらくあせった。

シャッタースピードはマウント下部にのぞいてるギヤをマウントのシャッタースピードリングがまわすようになっている。 でも露出計伝達の糸を引っ張るリングとかもあって、これらがシャッタースピードリングと逆に回るようになっている。

わかれば元に戻すのは簡単だったけど、それまでは最後の最後でジャンクにしたかと思ってえらくメゲてぶつぶつ文句を言っていた。

こうやってOM-1nは完動になった上に磨きこまれてピカピカになった。でも、まだ写真撮れない。 カメラに合うレンズが無いのだ。

あぁ、レンズ買わないと。 キリが無いですな、こりゃ。