Camera Year In Review

日本は既に新年だけど、こちらはまだ大晦日の夕方だ。 

と言う訳で、今年買ったカメラ関連の中からめぼしい物リスト。

  • Leica R6 – 2台目。  R6好きなんだなぁ。
  • Nikon F2SB – F2 3台目。F一桁も好きだなぁ。DP-3は希少なのに価値低いのはなぜ?
  • Leitz  Elmarit-R 19/2.8 – コーティング風化で半額。リコーティング中。
  • Leitz Elmarit-R 60/2.8  – 何でも撮れる標準レンズ。ズミクロンより良いかも。
  • Minolta SRT102  –  要整備でしまったきり。
  • Nikkor AIS  35/2  –  35/1.4が気になってたけどこれで十分。
  • Hasselblad XPAN w 45mm  –  難ありで安かったけどハッセルブラッドUSAで整備中。
  • Scneider Krueznach Xenar 150mm F5.6 – SL66用に大判レンズ買った。面白いよ。
  • Graflex Pacemaker Crown Graphic – Xenar 135mm F4.5付き。4×5良いよねー。
  • Mamiya 645 – 80/1.9が使いたくて買った。整備中。

半分ぐらいは難ありで、安く買うのは良いんだけど、整備するのに苦労する。 あと、あまり使わないからと、手放した機材も幾つかある。

整備と言えば ハッセルブラッド・ディスタゴンC 50/4 とSWCのシャッターが粘るようになったので整備に出したのが帰ってきた。 あとペンタコン6もコマかぶりとシャッターむらで整備に出した。帰ってきたら巻き上げが驚くほどスムースでびっくりした。

マミヤ645は自分でそこそこ治せたんだけど幕速とか合ってないようなのでやはり整備出さないとダメみたいだ。整備費と中古ボディと値段が変わらないので悩ましい。  

その他には、

  • 旅行にはライカMの2台体制。 35ズミクロンと21スーパーアンギュロンがあればどこ行っても何でも撮れる。
  • その代わりか、日常撮りにはライカRかニコンFシリーズを使う事が多くなった。
  • 以前に買った機材をじっくりと使い込む事が増えた。レンズ一本でも慣れ親しむのはけっこう時間が掛かる。買っておいとくだけじゃいかん。
  • そのせいか以前撮らなかった風景を撮るようになった
  • 50ミリ以上の望遠レンズを使わなくなった。出来た画は良いんだけど、撮る時に面白くない気がする。
  • 冷蔵庫に山積みだった撮影済みモノクロフィルムの現像、ついに追いついた。 バンザイ
  • おかげでいっぺんに大量のモノクロ現像が出来るようになった。 毎回平均で7−10本現像するが、多い時は15−16本、そこそこの再現性で現像できる。
  • いろいろな現像液を試した。今年試したのはXTOLとかTMAX Devとか。どれも捨てがたい良さがあるし、上手く現像するのは挑戦しがいがある
  •  

ようやく追いついたモノクロ現像で、2年前撮ったフィルムをようやく現像したのがあった。 見ると昔の方が露出が上手だったようで、納得がいかない。

そうそう、ツィッターなどでフィルムを撮る人達の知り合いが増え、いろいろ感化される事があった。これはかなり大きかったな。 みなさんいろいろありがとう。

来年はじっくり撮るのを増やすぞ。

Four by Five
High Powered Optics

Leave a Reply

Your email address will not be published.