High Powered Optics

Oberwerk SW80Q45

今週はずっと、LAXことロサンゼルスの空港の近くでHadoopと言うIT技術の講習に行っていた。 ギークな話題は別に触れるとするが、講習の教室はLAXが見える12階にあって、そこになぜか超高性能な双眼鏡が置いてあった。 Oberwerkという会社製で、80ミリで45倍の望遠らしい。

普通のカメラだと通称サンニッパの300ミリレンズなんかに憧れるもんだけど、双眼鏡は80ミリでも45倍拡大できるのか。よくわからない。だが、のぞいてみてこの双眼鏡の光学性能にはびっくりした。

真ん中にぽつんと立ってる管制塔

ビルからLAXまで2、3マイルあり肉眼では飛行機はわかっても細かいところまではわからない。 ところがこの双眼鏡ではなんと飛行機どころかその下で働いている人が何をしているかまで見えてしまう。

iPhoneはちょっと広角なので、実際に肉眼ではもうちょっと大きく見えているが、それでも全景写真では管制塔なんてなんとなく形がわかる位だ。 それがこの双眼鏡をのぞくと細部まで見えてしまう。 窓の高さはおそらく2メートルぐらいだろうから人も見えてしまう。

管制塔

接眼部にiPhoneをあてて撮影したのだけどケラレとかあって、結構むずかしかった。 実際に双眼鏡をのぞくとこの映像が大きくステレオで見えている。

データは重いけど画像をクリックすると元の画像(要注意、スクリーンよりかなりでかい)大きくなるので興味があれば見て欲しい。

ぐるりとまわすともっと遠くのダウンタウンまで見えるのだが、陽炎とロサンゼルス名物のガスが掛かってていてそれほど解像できない。 そこでもっと近いビルを見ていたらカモメの顔がドアップで見えたりしてびっくりした。

マンガのゴルゴ13はしょっちゅうあり得ない遠いところから狙撃してるけど、なんか妙に現実感が湧いてくる話だ。

ところで、日本語でロサンゼルスの事をロスという事があるけど、日本語の略称なので他の国では通じない。ロサンゼルスはスペイン語のLos Angelesで、意味は「天使達」だ。 スペイン語のLosというのは英語では’the’になる。 日本語で「ザ・なんとか」と言ってるあの「ザ」だ。

Camera Year In Review
Truth Behind Kodak Story

Leave a Reply

Your email address will not be published.