Lack of focus

管楽器状態

先日ペンタコン6レンズをニコンFマウントにつけるティルトアダプターを買った。

P6レンズは80mm ビオメター、50mm フレクトゴンに180mm ゾナーを持ってる。 試しにD200に付けてウチのネコを撮ろうとしたけど80ミリも180ミリも室内では長過ぎた。

P6用のゾナーはでかすぎる。フードもやたらと大きい。 試しに猫にかぶせてみたら頭がすっぽり入ってまるで宇宙猫だ。

P6用フレクトゴンは焦点距離がちょうど良い。大きく見えるけどD200につけてもSWCより軽く感じる。さらにフレクトゴンにはゾナーの巨大フードも付く。ケラれも問題無い。

それよりなにより、大げさに見えるのがまことによろしい。

フレクトゴンを開放にして撮るとボケがとても心地よいがピント合わせがとても難しくなる。D200にはKatz Eyeのスクリーンを入れてあるのだけど、合わせたつもりのピントが外れてばかりいる。

スキャンしたフィルムは画全体を見る。だいたい現像からなにからいい加減だから、等倍にして細かくみたりはしない。デジタルはその場ですぐ拡大してヒストグラムとかも見れちゃう。

そういう枝葉の事を気にしはじめると構図とか考えなくなってしまう。だからデジタルはあまり触らなくなったんだった。 と、そそくさとD200を棚に戻した。

P6フレクトゴンはF2あたりでいってみるとしましょう。

Pentacon Sixの憂鬱

フィルムを月に一本無駄にするの会

ペンタコン6はフィルムの送り機能が弱っちいのでコマかぶりしやすい。

ロシアだかブルガリアだかから買った1台目は1/250以上を使うと黒い縞が入る上にだんだんとコマかぶりしだした。

なので何回か買った事のあるスロバキアの人から自称整備済みのボディを買ってみた。 これがフィルム一本目でコマかぶりが発覚してしまった。

巻き上げのとき途中までシャッターボタンを押して、とか儀式は一通りやってるんだが。どうなってんのよ、とフィルムを一本無駄にして巻き上げ方を計ってみた。 バルブにして毎回違う巻き上げ方でコマを送り、開口部からフィルムに印をつけていく。

そしたら、変に儀式をせず普通に巻き上げていればコマ間隔はまともだった。 しょうがない、もう一本撮って見るか。

サンディエゴの早朝

ペンタコンはレンズが良いのでやめられないけど、ボディをあきらめる事も想定に入れてP6->ニコンのマウントアダプターもウクライナから入手した。ティルト機能付きなので楽しみだ。

さっそくCarl Zeiss Jena 80mm BiometarにアダプターとE2接写リングをかましてみた。

Cool Cool Blue

こないだ数本まとめてポートラ400VCを現像した。 同じフィルムを同じタンクで一緒に現像してるのにブロニカS2aで撮ったのだけやたらと青かぶりしてるのはなんでだ。

それはそうと、フリッカのペンタコン6グループには良い写真がアップロードされてる。 それを見てて、ペンタコン6使ってないのを思い出した。

いやーそうなんだよね、1/1000秒だとシャッター縞が出るんでがっくり来てそのままになってた。 でもP6の標準レンズの ビオメター、ホントにいい味わいなんだ。 シャッター縞はOM-1n見たいにカバー開けて清掃注油してやれば治るらしい。 ただスポットマティックとOM-1nずっといじってたんでまた違うカメラをいじる気にはちょっとならない。 まぁ、また今度やろう。

今週をしのげばヨーロッパ人達がバカンスにいってしまい、8月いっぱいは手抜きして楽していられる。 これが今からかなり楽しみだ。ところが今週も毎日早朝からヨーロッパと電話ばかりだ。

今日社長とばったり会って、時差は大変だと言う話になった。サンディエゴにいるときは彼も朝5時から電話ではじまって、昼近くになってようやくオフィスに出てこれると言っていた。 いやーしんどいのはお互い様ですなぁ。

って社長とワタシじゃ実入りが桁違いだけどね。